むらたけ.net

むらたの人生で経験したお役立ち情報を書き綴るブログです

MENU

Final Cut Pro Xのコマンドをカスタマイズして効率を上げよう

f:id:murata-ke:20211014155735j:plain

Macユーザーにとって身近な有料動画編集ソフトといえばFinal Cut Pro Xですよね。

そこで今回は私が最近行ったコマンドカスタマイズの実例を皆さんに紹介しようと思います。

今回の記事は「manablog」でお馴染みのマナブさんのユーチューブチャンネルの動画編集を

担当されているかふたろうさんのこちら↓の動画に自分なりにアレンジを加えてみました。

よろしければ参考にして見てください。こちらのシリーズはFinal Cut Pro Xの基礎が網羅されていてオススメです。

www.youtube.com

カスタマイズする意味

作業速度を上げる

どんなソフトでもそうですが、初めからショートカットキーは準備されています。

でも、command(⌘)を一緒に押さなければならなかったり、配置が自分にあっていなかったりします。

それを自分好みに最適化することで作業スピードをあげて動画を量産していこうという算段です。

 

コマンドのカスタマイズの仕方

コマンドエディタを表示する

f:id:murata-ke:20211014160856j:plain

①左上のFINAL CUT Proを選択します。

②その下のコマンドを選択します。

③その右のカスタマイズを選択します。

f:id:murata-ke:20211014201141j:plain

コマンドを検索して設定する

f:id:murata-ke:20211014201917j:plain

①検索窓に設定したいコマンド名を入力

②設定したいコマンドを選択

③設定したいキーにドラッグ&ドロップ

f:id:murata-ke:20211014202156j:plain

初めにこの作業をすると↑が表示されるので「コピーを作成」をクリックして新しいコマンドセットを作成します。

名前は自分がわかるものであればなんでもOKです。

①〜③をクリ前しコマンドの設定が終わったら保存をクリックして登録完了です。

実際にカスタマイズしたコマンド

トリム開始・終了

再生ベッドより前(開始)と後(終了)を消去します。

ブレードツールで両端をカットしてからデリートもできますが、こちらの方が圧倒的に早く処理できます。

Q:トリム開始、W:トリム終了に設定しました。

ズームイン・アウト

タイムラインの表示の拡大、縮小します。トラックパッドでもできますが微調整が難しいのでキーで操作する方が簡単です。

A:スームイン、S:ズームアウトに設定しました。

全てをブレード

再生ヘッド中の全てのクリップにブレードを入れることができます。

Z:全てをブレードに設定しました。

選択ツール再設定

もともとAに配置されていた選択ツールを使用頻度の高いニレードツールの隣に設定します

V:選択ツールを設定しました。

10フレーム戻る、進む

再生ヘッドを10フレーム単位で移動できます。再生して確認したいときに手動で再生ヘッドを動かさなくていいので便利です。

1:10フレーム戻る。2:10フレーム進むを設定しました。

先頭に戻る

先頭に戻りたいとき、DAW(作曲ソフト)を使っている人は癖でenterキーを押していないでしょうか。私はよくやってました。ですので今回を機に設定しました。

enter:先頭に戻るを設定しました。

選択範囲の先頭・末尾へ移動

選択しているクピップの先頭から再生したいときや、キーフレームを設定するときに便利です。手動で設定すると微妙にずれたりするので時短になります。

3:選択範囲の先頭に移動、4:選択範囲の末尾に移動

アニメーションを表示・非表示

アニメーションを設定するときに何度も表示したので設定しました。

D:アニメーションを表示・非表示に設定しました。

 

 

編集作業をやっていく中で自分に最適なコマンドセットが出来上がっていくと思うのでどんどん試していきたいです。

今回は以上です。